Sunday, April 29, 2012

“技術的負債だらけのプロジェクトに「人員投入」して、多大なコストをかけ続けるでしょう。開発者が技術的負債が増えるのを軽減したり防ぐのに必要なスキルや習慣には投資しません。”

InfoQ: 2012年、アジャイルの雲行きは?予想を振り返る

これは、技術的負債がそこに存在するという事を認識できているかどうかって話だと思う。
受け入れる側、また、マネージャがそういう評価をすることができるか?という話。能力的にも政治的にも。
システムは作ってる時間よりも使ってる時間の方がはるかに長い。
『カットオーバー』は始まりであり、終わりではない。
技術的負債を返済するのは誰か?

Source: infoq.com

No comments:

Post a Comment